ディフエンスの考え方

2011年02月24日

ディフエンスの考え方



今回は、ディフエンスの考え方について話してみたいと
思います。

ディフエンス…とは、簡単に言うと相手のプレーヤー
邪魔をする事なんです。

皆さんはディフエンスが上手くなりたい為に、ちょっと
難しく考えた事は有りませんか?

ディフエンスって邪魔をする事なんですよ。

そぉ〜思うだけで、ディフエンスが少し簡単に思えてき
ませんか?

そこで・・・邪魔をするのには、どんな気持ちで邪魔をす
れば良いのか・・・また、どんな体勢で邪魔をした方が良
いのか・・・相手の何処を見ていた方が直に反応して邪魔
がしやすいのか・・・など、自分なりに考えていく事が一
番大切なことなんです。

ディフエンスで相手の邪魔をして出来るだけ得点をさせ
ないようにする事、そして自分のチームは相手の邪魔を
押しのけて、どれだけ得点できるかが勝敗に繋がってき
ますよね。

そのバスケットボールディフエンス(邪魔)が粘り強
く出来るようになる為に、バスケットスタンスフット
ワーク
が有るのです。

プレーの名前だけで難しいプレーなんだ・・・と思ってし
まうと、結構出来なくなってしまうものです。

簡単に考えて、深い練習をしてみると結構練習もやりや
すくなりますよ。

自分が邪魔されて嫌なプレーは、相手にとっても嫌なプ
レーだったりします。

そこを上手く考えて、バスケットボールのオフェンスや
ディフエンス生かしてみてくださいね。


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック