NBA?目指す!バスケ親子鷹の気まぐれ日記

2011年07月08日

女の子でも、ワンハンドシュートを!



今回、私が言いたい事は、シュートフォームについてです。

ほとんどの、ミニバスをしている女の子たちは、ツーハンド
でシュートをしているかと思います。

確かに、男の子よりも筋力の無い女の子にとっては、ワンハ
ンドシュート
よりツーハンドで打った方が遠い距離からも届
くし、シュートが安定しているかも知れません。

しかし、これからバスケットボールと言うスポーツに関わっ
ていくのであれば、男子の様なワンハンドシュートを覚えた
方が良いでしょう。

初めは、リング下の近いところから覚えていくとワンハンド
シュート
にも馴染みやすいですよ!

でも、なぜツーハンドでは駄目なの?と、思われるかも知れ
ませんが、バスケットボールと言うスポーツは高さのと速さ
のスポーツだと言う事を考えれば答えは出てくるかと思いま
す。

そぉ! ツーハンドよりもワンハンドシュートの方が、ボー
ルの発射地点が高いからなのです。

ワンハンドシュートでしたらシュートカットされなくても、
ツーハンドだとシュートカットやブロックされてしまう確率
がかなり高くなってしまうのです。

シュートは、「高い所から打つ!」これ、重要な事なんです
よ!!


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2011年07月07日

バスケットボール、次男の練習!



私には、三人の子供達が居ます。

長男・長女・次男の三人です。

勿論、三人ともバスケットボールが大好きで、長男は高校で
バスケ部に入って頑張っております。

長女と次男は双子で、同じミニバススポ少で日々バスケット
ボール
の練習に励んでおります。

そんな中、マイペースで競争心のかけらも無かった次男が、
私に練習が無い日の練習メニューを作ってちょうだいと言っ
て来たのである。

それは震災後の事で、次男のその言葉で一人一人の練習メニ
ューを私が作ると言う、きっかけにもなったのである。

その私の次男は、ミニバスの練習が無い日には、自宅の庭に
有るバスケットゴールで、ゴール下からのシュートを300本、
ミドルシュートが200本入れるまで、夕飯も食べずに頑張っ
ております。

そして、雨の日で外のゴールが使えない時には、筋トレ・・・
腹筋や腕立て、そしてバスケットスタンスの練習を行ってお
ります。

どうも、次男は次男なりに同じスポ少の誰かに負けたくない
と言う気持ちが出てきたのでしょう。

私は、親としてそんな次男を応援していきたいと思います。

頑張れ!
私の子供達!!


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

震災〜現在の団員達・・・



3月11日の東日本大震災が起こってから、早四ヶ月も経とうと
しております。

我が、ミニバスケットボールスポーツ少年団の子供達・・・震災後
にはメンタル面では、かなりやられていたのですが、今現在は、
少しづつでは有りますが元の状態に戻ってきております。

体育館の使用の方も、今では通常通りに使用出来るようになりま
した。

震災が起きてから、私は子供達(団員達)の安否確認で大変でし
たが、子供達が全員無事だった事を知った時の喜びと言ったら、
計り知れないものが有りました。

そして、避難している方たちが体育館に来ていた為に、体育館が
使用できなかった為に、バスケットボールの練習が出来ないと、
子供達の体力がなまってしまうと思い、個人個人の力量に合わせ
た練習メニュー(自宅や屋外でも出来るメニューです。)を私が
作りまして、子供達一人一人に届けたのです。

その時に渡した練習を、きちんとやって居たか、それともサボっ
て居たか、と言う事が今の子供達に出てきているんです。

今現在の、ミニバスケットの練習を見ていてあきらかに震災前よ
りもバスケットボールが上達している子が何人かおります。

「子供のうちは、スポーツは何でもセンスが問題ですね・・・」
何て言う指導者がおりますが、私はそうは思いません。

確かにセンスは大事です、しかしセンスが良くても根気良く努力
した者には、間違いなくかないません。

そんな、私の思いを実際に見せてくれた子供達・・・もしかしたら、
全国大会へ連れて行って貰えるかも・・・何て言う期待もしてみた
いところなのですが、子供達の目標は「地区優勝で、県大会出場
!」までなんです。

まっ、とにかく頑張れ!
子供達!!

私も、頑張るぞ!


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

posted by ゆー吉 at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記だよ〜♪