NBA?目指す!バスケ親子鷹の気まぐれ日記

2011年06月29日

練習こそ、本気モードで!



今回は、私がミニバスケットボールを子供達に指導をしている
中で、常に子供達に言っている事を話してみたいと思う。

それは、今回の記事のタイトルにもなっている言葉
練習こそ、本気モードで行なう事!」
なのです。

これは、練習をきちんとふざけないで子供達に行わせるのにも
有効です。

ただ、この前ある団員の一人に聞かれた事は、「練習の時に本
気出したら、試合では、どぉ〜するの?」と言う事を聞かれま
した。

確かに子供らしい質問でした。

そこで私は、団員たちを集合させて「練習こそ、本気モードで
行なう事!」の意味を団員たちに話しました。

この言葉の意味とは、練習を本気で行なっていれば、実際の
でも本気になれるのです。

それは試合の時も、試合練習だと思って行なえば良いからで
す。

ミニバスケットボール・・・プレーヤーたちは子供です。

大きな大会の試合ともなると、「緊張していないよ!」とは言
うものの実際には、かなり緊張したりプレッシャーを感じてい
るのです。

そんな子供達に、「練習のつもりでプレーして来い!」と言う
だけで子供達の緊張はかなり解れるのです。

ただ、それには日頃のミニバスケットボール練習の時から、
本気で行なう姿勢が必要なのです。


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2011年06月22日

バスケットボールのコース取り!



今回は、バスケットボールと言うスポーツをしていく上で、
非常に大切なプレーを書いてみたいと思う。

そこで私が教えたいのが、バスケットボールのコース取りな
のだ。

良く、練習中やゲーム中に「コースに入れ!」と言う声が聞
かれる事が有るかと思います。

では、実際にコースに入ると言う事はどんな事だと思います
か?

ここで、コースに入ると言う事が分からない方の為に、私が
説明したいと思います。

まず、バスケットボール一つと2ℓ位のぺットボトルを1本持
ちます。

自分で、ボールをゆっくりと転がしてペットボトルの両端を
持ち転がってくるボールに向かいペットボトルを横にします。

転がってきたボールがペットボトルに当ってピタリと止まれ
ばペットボトルがボールのコースに入っていた事になるので
す。

もし、ペットボトルに当った後にボールが右や左に反れてし
まったら、ペットボトルはコースに入っていなかった事にな
るのです。

そうなんです!

ボールはオフェンス、ペットボトルはディフェンスだと言う
事なのです。

ですから、実際にゲームをしている時に「コースに入る」と
言う事は「オフェンスを止める」と言う事なのです。

そして、その止め方はさっきの記事でも書いた様に、ボール
をピタリと止めるペットボトルの様な位置で、オフェンスを
止めれば良いのです。

今回は、ディスェンスのコース取りについて書いてみたので
すが、実はオフェンスにもコース取りが有るんですよ!

今度、書いてみたいと思いますので、お楽しみにぃ〜♪


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2011年06月14日

感情的にならぬ事!



先日、私の地区でミニバス大会が行なわれた。

我がチームは、男子が二回戦負けで女子は決勝へと駒を進めて
勝ち残っております。

そんな大会の中で、考えさせられる事件が起こりました。

我がチームの事では無いのですが、大会2日目の出来事なので
有る・・・。

初日で敗北してしまい、次の日の大会でTOが割り当てられたチ
ームなのであるが、いかんせん子供達のTOの態度が微妙であっ
たのであります。

そのチームのTOが終わると、多分そこのチームの保護者と思わ
れる方が、TOをしていた子供達にもの凄い勢いで怒鳴り散らし
て居たのです!(感情剥き出しでした!!)

怒鳴っていたのは女性の方だったのですが、その場面に偶然で
くわしてしまった私も、ドン引きでした。

確かに子供達がした事は悪い事なのかも知れません・・・しかし、
その時の怒り方も多種多様に有ると私は考えております。

まして大会の会場で、他のミニバススポ少の方々がおられる場
所でしたらなおさらですよね。

ミニバス指導して行く中で、感情的に子供達を怒る事は決し
て良い方向には向かいません。

子供達が、プレーでミスをした・・・とか、何かをやらかした・・・
そんな時は、感情的になってその事を責めるのではなく、その
事を認めて、次に・・・これから、どぉ〜して行くか・・・と、言う
事を考えて行って欲しいと考えます。

多分、前日の試合で負けてしまったと言うストレスも有ったの
でしょうけれど、それは子供達が一番分かっている事なのです。

先日の大会で、気になった出来事だったので、書いてみました。

でも、その保護者の方の熱心さが感じた事も事実だったのです
がね・・・。


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

posted by ゆー吉 at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記だよ〜♪