NBA?目指す!バスケ親子鷹の気まぐれ日記

2011年02月24日

ディフエンスの考え方



今回は、ディフエンスの考え方について話してみたいと
思います。

ディフエンス…とは、簡単に言うと相手のプレーヤー
邪魔をする事なんです。

皆さんはディフエンスが上手くなりたい為に、ちょっと
難しく考えた事は有りませんか?

ディフエンスって邪魔をする事なんですよ。

そぉ〜思うだけで、ディフエンスが少し簡単に思えてき
ませんか?

そこで・・・邪魔をするのには、どんな気持ちで邪魔をす
れば良いのか・・・また、どんな体勢で邪魔をした方が良
いのか・・・相手の何処を見ていた方が直に反応して邪魔
がしやすいのか・・・など、自分なりに考えていく事が一
番大切なことなんです。

ディフエンスで相手の邪魔をして出来るだけ得点をさせ
ないようにする事、そして自分のチームは相手の邪魔を
押しのけて、どれだけ得点できるかが勝敗に繋がってき
ますよね。

そのバスケットボールディフエンス(邪魔)が粘り強
く出来るようになる為に、バスケットスタンスフット
ワーク
が有るのです。

プレーの名前だけで難しいプレーなんだ・・・と思ってし
まうと、結構出来なくなってしまうものです。

簡単に考えて、深い練習をしてみると結構練習もやりや
すくなりますよ。

自分が邪魔されて嫌なプレーは、相手にとっても嫌なプ
レーだったりします。

そこを上手く考えて、バスケットボールのオフェンスや
ディフエンス生かしてみてくださいね。


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2011年02月14日

1対1で相手を止める!



バスケットボールの基本は、1対1です。

これは、バスケットボールのゲーム(試合)で5対5に
なっても同じ事なんです。

えっ・・・と思うかも知れませんが、バスケ経験者の方でし
たら、当たり前の事なんです。

でも、5対5の時でもボールは1個なのに何故1対1な
んでしょうか?

それは、自分がボールを貰う為いシュートする為に、ボ
ールの無い所での1対1と言うプレーが、バスケットボ
ール
ではもの凄く大切だからです。

今回は、ボールが有る所の1対1でのディフエンスにつ
いて書いてみたいと思います。

1対1でよく相手に抜かれてしまうのは、ディフエンス
ステップであるスライド・ステップが出来ていないから
だと考えられます。

バスケットスタンスから相手の動いた方に、いち早く足
をスライドさせて体を相手の前に持ってくる、この動作
が良くコーチが言っている「コースに入る!」と言う事
何です。

このスライド・ステップの練習は、足の腱を鍛えると反
応が速くなりますし、ジャンプ力にも効果が有ります。

足の腱を鍛える練習は、片足で立ち地面についている方
の足のかかとを上下にアップ・ダウンさせるだけ・・・こ
れを毎日100回〜200回行なうと足の腱はかなり鍛
えられるでしょうね。
勿論、片足ずつ両足行ないます。
(でも・・・初めから頑張りすぎると、筋肉痛になります
  よ!)

スライド・ステップの反応が良くなり、相手のコースに
入るコツがつかめると、ディフエンス力はかなりパワー
アップしますし、ファールもとられにくくなりますよ。


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2011年02月11日

ミニバス 上達法



今回は、私のミニバスで実際に有った会話を主に書いてみたいと
思います。

ある保護者から言われた事なのであるが、「バスケが上手くなる
為の練習・・・バスケ上達法を教えていただけないでしょうか?」
と、言われたのである。

スポ少でしたらバスケットボールスポ少に限らず、どんなスポー
ツをしていても、上達法が有ったら実際にプレーをしている子供
達は勿論、保護者の方たちも知りたいはずである。

勿論、私達スポ少で子供達を指導している、コーチでも上達法
存在するなら知りたいと思いますね。

例えば、スポーツを勉強と考えてみてください。

そうすると、スポ少と言うのは学習塾的な存在になりますよね。

そこで、塾に行っても成績が上がらない時・・・皆さんは、お子さ
んに何と言いますか?

例1:自分の努力が足りないんじゃないのか?
   もっと集中して勉強をすれば、必ず成績は上がるよ。
   頑張って!

例2:その塾の教え方が悪いのかな・・・?
   塾を、変えてみようか?

と、今までの保護者の方々の意見をまとめると、ほとんどがこの
二つの例の形になるのです。

この二つの例のうちでも、例1の方が圧倒的に多いんですよ。

そこで、この例1の会話をスポ少に置き換えての会話にしてみて
下さい。

そぉ〜・・・気付きましたか?

勉強を上達させる時も、勉強している時の意識を変え集中して勉
強をする。

ミニバス(バスケットボール)も同じです。

練習中に意識を変えて、どれだけ集中してコーチの話しを聞き、
どれだけ集中したプレーが出来るのか?

これが、私は「ミニバス(バスケットボール)の上達法」だと考え
ております。

そして、子供が迷った時や分からない時に教えてやるのが指導者
(コーチ)であり、子供がくじけそうになった時に助けてあげる
のが保護者の方々なのではないでしょうか?

中学や高校・・・社会人のクラブチームで指導(コーチ)をするのとは
、違った気遣いや心遣いがミニバスには必要ですよね。


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2011年02月10日

バスケットボール・・・気持ちの持ち方とは?



昔の記事でも書いた事は有るのですが、私のミニバススポ少には、
コーチが四人おります。

いわゆる「ベテランコーチ」と「中堅コーチ」と「若いコーチ」、
そして最後が私です。

私のコーチとしての役目は、個人の技術を伸ばしてやる事と、コ
ーチと子供そして保護者の関係を上手に維持する事なんです。
(一人のコーチが、個人ばかり指導していると、やきもちをやく
保護者の方が居たりするんですよね・・・)

えっ・・・そんな事、「コーチはコーチで、保護者は保護者で、や
れば・・・」と思うかも知れませんが、そろそろミニバススポ少
して40周年を迎える事となる私のミニバススポ少の形なので
す。
(まぁ〜、私もスポ少創設から関わっていた訳では有りません
が・・・)

また、お題と話がそれてしまいました・・・(申し訳ないっ!)

私が指導を担当している「個人の技術を伸ばす事」、これはバス
ケットボール
のプレーだけでは無く、メンタル(気持ち)も伸ば
してやると言う事なのです。

私の指導の仕方は、子供達個人個人に「バスケットボールの楽し
さを知ってもらう!」です。

バスケットボールと言うスポーツは、瞬発力・持久力・判断力・
ジャンプ力・冷静力・感覚力・広視野力・・・などなど、様々な
力を必要とします。

ある保護者が私に言った言葉が有ります。
保護者:「家の子、バスケの素質が無い様な気がするのです
      が・・・」

私:「いえいえ、そんな事は有りません・・・バスケットボール
必要な力の、どれか1つでもお子さんが持っていたら、
それが素質なんですよ。」
  「その素質を、伸ばして行く事が大切なんですよ。」

と、こんな会話でした。

そして、私が思う「バスケットボールの気持ちの持ち方」とは、
〇練習の時は「自分が素人(下手)だと思え!」
〇試合の時は「自分はプロ(上手)だと思え!」
なのではないかと思います。

普段の練習できちんと練習している子供は、試合前に「自分は
プロだ!」スイッチが入るのですが、サボって練習している子
供は「自分はプロだ!」スイッチが入らない傾向に有る様な感
じがしますね。

パスが捕れないなら取れる様になれば良い!
ドリブルが下手なら上手になれば良い!
持久力が無いなら、人一倍頑張って少しづつ走れる様になれば
良い!

出来ないのではない、やらない・・・やろうとしない事が、一番
自分の能力を出す事が出来ない理由なのではないでしょうか?

考え方や意識の持ち方で、バスケットボールのプレーも変わっ
てきますよ! 


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2011年02月08日

ドリブルの種類



ミニバススポ少の指導者をしていて、よく保護者の方に聞かれる事が有る。

確かに、バスケットボールと言うスポーツは、プレーにしろルールのにしろ
結構複雑なので、練習でのゲーム中や大会の試合中などプレーが止まると、
「今・・・何でプレーが止まったの?」なんて思う事が、バスケットボールの経
験が無い保護者には多々有るようですね。

そんな訳で、私が保護者の方々に色々聞かれるわけなんですが・・・先日、バス
ケットボール
のルールではなく、ドリブルに付いて保護者から聞かれたので
ある。

その質問内容とは・・・「ドリブルの種類って、どんなのが有るんですか・・・?」
だったのである。

この質問・・・結構シンプルな質問で、ドキッとしてしまったのであるが、かな
り良い質問なのである。

ドリブルの種類・・・これはドリブルを使って行なうプレー、例えば「ビハイン
ド」や「レッグスルー」や「ロールターン」の様な、プレーを言っている訳
ではなく、あくまでも「ドリブルの種類」を聞いている質問なのである。

ドリブルの種類・・・皆さんは知っていますか?

バスケットボールドリブルの種類と言うのは、余り・・・いや、ほとんどと言
って良いほど種類は無いと私は考えております。

だからこそ、バスケットボールと言うスポーツには欠かせないドリブルは、一
番難しいバスケットボールの技なのではないのでしょうか。

さて、本題から少し脱線してしまいましたが、話を戻します。

ドリブルの種類には、「通常のドリブル」「フロントチェンジ」「パワードリ
ブル」などがあるのですが、今回は「通常のドリブル」について話します。

ここで言う「通常のドリブル」とは、右手や左手を使って普通にドリブルをつ
く事なのですが、その中にも「強いドリブル」と「弱いドリブル」が有ります。

一体「強いドリブル」と「弱いドリブル」では何が違うのか?

一番の違いは、コートでボールをついた時の音が違うんです。

バスケットボール未経験の方がドリブルをつくと、ほとんどの方が「弱いドリ
ブル」でボールをつくでしょう。

しかし、バスケットボール経験者になる「強いドリブル」でボールをつく事が
出来ます。

この、「強いドリブル」と「弱いドリブル」の違いは、ドリブルの際にボール
から手が離れている時間が短いか長いかなのです。

「強いドリブル」が出来るようになりたいのであれば、ボールから手が離れる
時間が出来るだけ短くなるようにドリブルの練習を行わなくてはいけません、
その為には、手だけではなく肘なども上手く使わなくてはいけませんよ。

そして、その「強いドリブル」のボールを上手くコントロールする為には、ボ
ールの芯を自分の手で捕らえなくてはいけません。
(実は、これが結構難しいんです・・・)

そこで、ボールの芯を捕らえる練習として私が行なっているのが、テニスボー
ルなんです。

練習前などに、テニスボールでドリブルをさせるんです。

バスケットボールとは違い、テニスボールとは大きさがかなり小さいですから
ボールの芯を捕らえるのもかなり難しいんです。

テニスボールでドリブルをしていてある程度ボールがコントロール出来る様に
なると、バスケットボールでも結構技の種類も広がって来ますよ。

是非、お試しあれ!


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ