NBA?目指す!バスケ親子鷹の気まぐれ日記

2010年11月25日

チームプレイを育てる練習!



子供達のミニバスの指導をしていて、いつも思っているのがバスケットボールの基本
チームプレイがなっていない・・・と言う事である。

確かにバスケットボールは1対1が出来ないと話にはならないのであるが、それはあ
くまでも5人でプレーしている中の1対1の事であり、1on1のそれとはまた違っ
ているのであります。

よって、私が考えたチームプレイを育てる練習とは、始めは3対3のゲームから始ま
るのだ、そして慣れてきたら4対4そして5対5と、人数を増やしていく様にすると
子供達も楽しみながらチームプレイが覚えられると思います。

さて、この3対3のルールなのですが、3対3ですから全部で6人です。

その出場している6人全員がシュートを決める事が条件の3対3なんです。

これをする事によって、子供達はメンバー(仲間)が今何処に居るのか見るようにな
りますし、今誰がシュートを決めやすい所に居るのか、自分がドライブで行けるか、
それとも仲間のアシストをするか、と言った判断が少しづつ出来るようになってきま
すよ。

そして何より、見ている保護者の方が熱くなって来たりします。(笑)

とにかく、楽しみながら覚えられますよ!


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ

2010年11月02日

ミニバスケットボールで、こんな練習をやってみた!



私のミニバススポ少で先日から取り入れた、練習方法を書いて行きたいと思う。

それは、六年生を上達させつつ四年生も上達させると言う・・・結構、効率的な練習なのだ。

この練習は、バスケットボールのルールである、5対5を無視して行う練習なのであるが、
これが結構、面白いんです(笑)

まず、六年生3人をセレクトして、四年生6人をセレクトします。

もぉ〜お分かりですね!

3対6のゲーム型式の練習なのです。

勿論、四年生チームは六年生チームの一人一人にダブルチームで当ります。

私の予想では、いくら三人と言えども四年生には負ける訳が無いだろう・・・

と、思っていたのですが・・・

何と、37対21で四年生チームが勝ってしまったのです!!

ゲーム中の保護者の盛り上がりも凄かったし、六年生チームも四年生には負けじと真剣でした。

また、四年生チームも六年生に勝ってやろうと真剣でしたね!

この練習・・・六年生には1対1の強化・・・四年生にはゲームの流れを教えるのには最適ですね。

また、次の練習でも取り入れてみよっと。(笑)


ランキングに参加しています!
ポチット↓応援宜しくお願いします!
banner_02.gif人気blogランキングへ